ヘラクレス販売のビーラボ へ
飼育方法

ヘラクレス飼育|産卵編

産卵セット

ヘラクレス飼育|産卵編

用意するものリスト

・大きめのケース

・マット

・足場(木や木の枝)

・水分調整用の水

・エサ

・温度計

ヘラクレス飼育|産卵編

今回は、ヘラクレスオオカブトの産卵方法について記載します。

ヘラクレスオオカブトの産卵は他の種類と比較しても簡単です。

ヘラクレス飼育|産卵に必要な条件

・交尾後2日程度メスにエサを与える

・温度22度〜25度

  • 産卵前にはたっぷりエサを与えましょう。バナナもおすすめです。

ヘラクレス飼育|産卵セット時の温度

産卵時の温度は22度〜25度程度がオススメです。
20度以下になると、成虫の活動が鈍くなってしまいます。20度以下でも産卵は可能だと思いますが、ベストではないのでオススメできません。

ヘラクレス飼育|産卵セットを用意〜メスをセット


↑産卵セット

産卵セットに必要なもの

マット(土)
→粒子は細かい方が良い

大きめのケース
→大きければ大きい方がたくさん産む

産卵セットを組む

①大きめのケースを用意したら、そこにマットを入れ、まずは水分調整をします。

②マットの水分は、手でぎゅーっと握って水がしみでない程度がベスト。

③水分調整を終えたら、手やコテを使って結構固めに詰めていきます

④最後に、マットの表面に、固めていない柔らかいマットをかけて、その上に転倒防止用の足場(木や木の枝など)を置いて、エサをたくさん(3個以上)置き、メスを投入してセット完了です。


↑こんな感じ

  • マットの硬さはフワフワよりもガチガチの方が良く産みます。

ヘラクレス飼育|産卵セット後〜割り出しについて

産卵セットは大きさにもよりますが、小さめのケースなら3,4日に一度、大きめのケースなら、1週間〜2週間に一度卵を採卵します。

採卵せずにそのまま幼虫になるまで待ってから、幼虫で回収してマットを交換する方法もありますが、採卵した方が卵を産んでいるかどうかがわかる上に、孵化率も高いと思います。

どちらの方法でも、好きな方法を選んでもらえればと思います。

ヘラクレス飼育|産卵のQ&A

交尾がうまくいっていないか、メスに異常がある可能性が高いです。
オスかメスに異常がある可能性が高く、特に全ての卵が黒くなって死んでしまう場合はオスが種無しの可能性が高いです。
ごく稀に潜ったまま死んでしまうこともありますが基本的には良く産んでいる場合がほとんどです。待ち続けましょう。

ヘラクレス産卵方法|まとめ 

1、交尾済みのメスを用意する。

2、大きめのケースにマットを固めて入れた産卵セットを用意する。

3、メス、エサ、足場(木材など)を一緒に入れる。

4、エサを与えながら1週間〜2週間程度待つ

5、割り出しor幼虫で回収する。

おすすめ商品|ハンドプレス

ハンドプレス
¥2980円+送料

作業効率UP。負担軽減。マット詰めが楽になります。
均一に力を加えることができます。また、ケースの角まで均一に詰めることが可能です。
ハンドプレスのプレス部分が丸い三角形をしていて、ケースに傷がつきにくくなっています。

ハンドプレス|ビーラボ

ヘラクレス飼育|終わりに

ご覧いただき、ありがとうございます。

特別な血統などの個体をメインに、ネットショップ『ビーラボ』を運営しています。セールをやったり、イベントを開催したりしているので、ぜひご覧ください。
ヤフオクでも商品を出品しています。
また、Twitterで、情報発信等もしていますので、見ていただければ嬉しいです。
ビーラボ』では、商品購入者様限定で、当方で使用している、オリジナル発酵マットも少量ですが、販売しています。(普段から在庫は0にしてあります)

商品購入者様で、同じマットを使用したいという方がおりましたら、ビーラボ・Twitter・ヤフオク・メールのいずれかでご連絡いただければ対応いたしますので、よろしくお願いいたします。

 ヤフオクでも、ヘラクレスを中心に定期的に出品してますので、是非ご覧ください。

秋田県大館市のふるさと納税の返礼品として指定されており、不定期でふるさと納税にも出品していきます。是非ご覧ください。

ヘラクレス販売の『ビーラボ 』

ヤフオク商品一覧

Twitter

 

メール
sitecomtko@gmail.com